どんなガイドをすればいいのか?

ENJP

下記の3つの思想に共感出来る国際交流がしたい人なら誰でもTOMODACHI GUIDEでガイドをすることが出来ます。
また、この3つのことを求めているゲストを楽しませることを第一に考え、事前相談や当日のガイドを行うときっと素晴らしいガイドをすることが出来るでしょう。ガイドによってそれぞれやり方は異なるかと思いますが、この3つのことは常に頭に置いておいて損はありません。

1. 「楽しい」他では出来ない経験への遭遇率が上がる
観光ガイド本に載っている外国人向けのアトラクションやレストランではなく、地元の人間に愛されるところに行ってみたいと思いませんか?
TOMODACHI GUIDEのガイドと一緒なら、ゲストはポピュラーな観光地はもちろん、地元の人間でなければ知らない場所や遊びに出会うことが出来るでしょう。英語が通じないからという理由で外国の方々に紹介されていない素晴らしいレストラン、英語の地図には詳しく表記されていない素敵な散歩道や絶景ポイントがたくさんあります。
もし事前にゲストのやりたいことや食べたいものなどをガイドと相談しておけば、その確率は格段にアップするでしょう。
そして実際の旅では、ガイドは常にペアでガイドを行うため、お互いをサポートし、旅の途中で思いついたことや、発見してもっと知りたくなったことやトラブルなどにフレキシブルに対応することができます。
つまり、ゲストは旅行という限られた時間を最大限にガイドとともに日本での旅行を楽しむことができます。

2. たくさんのエピソードに出会える
建物や景色を見る旅も良いですが、思い出に残るのって人との出会いだったりしませんか?
TOMODACHI GUIDEのガイド達はゲストに会うこと、交流することを楽しみにしている人たちの集まりです。
ガイドはゲストをどうやって楽しませようかを考え、ゲストがどうしたいのかを感じ取ろうとするでしょう。
ゲストが喜ぶことは、他の大勢の方が喜ぶことと同じではないでしょうから、画一的な案内をするのではなく、ゲストの気持ちを最優先に考え、ガイドは歩調を合わせるでしょう。
でもTOMODACHI GUIDEのガイドはガイドをすることだけを仕事にしている人間ではありません。その結果、プロの通訳ガイドのように英語で案内することに慣れていなかったり、プロの通訳ガイドのような知識を持ち合わせていないかもしれません。また、多くの外国の方が喜ぶ一般的な情報を持っていないかもしれません。
その代わりに、ゲストの思いを英語でちゃんと汲み取れるガイドと、それをサポートするガイドがペアを組みゲストと一緒に旅を楽しみます。
そしてガイドは皆、友達を大切にすることが大好きな人間です。地元にそれぞれの大切にしている繋がりがあって、行く先々で出逢う人々に、ゲストを友人として紹介するでしょう。
旅が終わる頃にはきっと、ゲストはたくさんの出会いや最高の旅の思い出を手にしていることでしょう。また、旅が終わった後も続く関係性を構築しているはずです。

3. ゲストのやりたいことに素直でいられる
情報不足や言葉の壁のせいで、楽しい体験を逃してしまうなんてもったいないと思いませんか?
私たちは、せっかくゲストが旅行先として日本を選んでくれたのに、そんなことは絶対にもったいない!と思っております。
ガイドは、観光のスケジューリング、もちろんゲストの気分や体調に合わせてリスケジュールすることも厭わず、ゲストと一緒に最高の日本旅行を楽しみます。
もしそういったことをビジネスとして請け負う執事のような人を旅先でゲストが雇うとしたら、とても高額になるでしょう。リーズナブルなパッケージで提案してくれるツアー会社のプランだと、ゲストはゲストらしく自由に行動はできないでしょう。
一方で、訪日観光客に日本の素晴らしさを知って欲しかったり、訪日観光客と交流することでグローバルな感覚を磨きたいと思っている日本人はたくさんいるのです。友人としての信頼関係が成立すれば、ゲストにとって負担になってしまうことをガイドは、自分の楽しみとして行える、そんなガイドがTOMODACHI GUIDEにたくさん参加しています。
ゲストは自分と気の合いそうなガイドに話しかけてみてください。それからは簡単、いっしょにゲストらしい旅を計画し、ワクワクしながら日本へと飛んできてください!

この回答はお役に立ちましたか?Cic005 face smile 1227184ff42e9d672a6892dfe27e91689d05a218573c3489bbe64ccf915a8d0cCic006 face frown 0bc804105f1e0201000835a89c724a7eccb466245fd4fe8f61e5b014ada497ac

関連する質問