体験で請求する料金とは?

ENJP

同じ場所に遊びに行っても、何をするかで必要になる予算は変わります。体験で請求する料金は、基本的にはガイドとゲスト間での話し合いで最終的に決定します。基本的に、ガイド料金以外の部分での最終的にゲストが支払う事前決済は、ガイドとゲストの話し合いに依存します。当日支払うことも可能ですし、事前にガイドが当日分の経費を含んだ料金をゲストに請求することも出来ます。
体験登録する際に記入する体験の費用はゲストが事前決済するものかもしれませんし、そうでないかもしれません。例えば、ジブリ美術館のように事前予約が必須なものに関しては、ガイドが事前決済にて、入館料を請求するかもしれません。"料金"では、事前決済の有無に関わらず、体験自体にかかる費用を概算で入力します。ガイド料金や当日の移動交通費等とは別に体験自体にかかってくる料金を入力します。記入する項目は、ゲストの費用(概算), 上記費用の内訳 となります。

【ゲストの費用(概算)】
ここで記入する料金は概算になります。きっちりと体験にいくらかかるのかはわからなくとも、大体どれくらいかかるのかは、あなたが普段している体験であるならば、なんとなくわかるはずです。概算で1人分の大体どれくらいかかるのかの費用を選択しましょう。
ゲストは、体験をベースにガイドと旅をするのであれば、ここで掛かってくる料金と当日かかる交通費等の経費とガイド料金を支払うこととなります。例えば、体験が3時間程で体験にかかる費用が2,000~3,000円/1人だった場合で、ゲストの参加が2人だった場合、ゲスト2名とガイド2名の合計4名分の体験費とガイド料金3時間分を支払う形となり、約3,000円 × 4名分 + 7,500円(ガイド料金) = 19,500円 と当日の経費がかかってくることとなります。事前相談によって体験ベースであっても、ゲストに向けてカスタマイズすると料金はもちろん変動することもありますが、このように体験費によって、ゲストが支払う金額は変わってくるため、体験費も概算で構いませんので記入しましょう。

【上記費用の内訳】
ここでは、体験費の概算に何が含まれているのかを記入することが出来ます。何にいくらかかるか内訳をできるだけ優しく書いておくとゲストにわかりやすく伝わります。ゲストは概算ではなんでこの料金になるのかイメージ出来なくとも、この内訳を見ることで納得するかもしれません。また、事前相談時にも、なぜあなたが提案した体験がこの値段になっているのかをゲストに伝えることも出来ます。
例えば、美術館に行く体験だった場合、内訳はadmission fees for Art Museum (美術館の入館料)等と記載します。

この回答はお役に立ちましたか?Cic005 face smile 1227184ff42e9d672a6892dfe27e91689d05a218573c3489bbe64ccf915a8d0cCic006 face frown 0bc804105f1e0201000835a89c724a7eccb466245fd4fe8f61e5b014ada497ac

関連する質問