TOMODACHI GUIDEの情状酌量すべき事情ポリシーとは?

ENJP

TOMODACHI GUIDEでは、キャンセルポリシーの設定・管理の権限はTOMODACHI GUIDEが持っています。ガイドやゲストが途中でキャンセルが必要になった場合には、なるべく早くキャンセルの手続きを行わなければなりません。ただ時にはガイドやゲストのコントロールがおよばない不可避的な事情で、予約の契約が履行できなくなることもあります。

もしTOMODACHI GUIDEの「酌量すべき事情ポリシー」が定める理由にゲストやガイドのキャンセル理由が該当すると当社が判断した場合、TOMODACHI GUIDEが定めるキャンセルポリシー(柔軟、普通、厳格など)返上で、例外的に返金を認める場合もあります。また、TOMODACHI GUIDEの「酌量すべき事情ポリシー」が定める理由にゲストやガイドのキャンセル理由が該当すると当社が判断した場合、TOMODACHI GUIDEはTOMODACHI GUIDEサービス利用規約に明記した「ガイドによるキャンセルに伴うペナルティ」を免除する場合もあります。

【例外が適用されるの場合】
例外適用が認められる「酌量すべき事情」には以下のようなものがあります:

本人あるいは近親者の突然の死、重篤な病
本人の旅行に直接支障が出る重傷
出発地/目的地における深刻な自然災害/異常気象
予約後に国内外の当局(政府/省庁)から発出された緊急退避勧告・渡航中止勧告制限
国内外の信頼できる当局(外務省や国際保険期間や米疾病管理予防センターなど)からの感染非常事態宣言
予約後に政府に課された国民の義務

【適用申請が必要な場合】
申請できるのは、予約をキャンセルして以降です。ガイドやゲストに事情を伝えて予約をキャンセルした上で、キャンセル理由がTOMODACHI GUIDEの「酌量すべき事情ポリシー」が適用される理由と思われる場合には、TOMODACHI GUIDEにその旨ご連絡ください。申請は元のツアー催行予定日から通常14日以内に行わなければならず、申請にはキャンセル理由を裏付ける証拠書類も必要です。

申請をしたい場合、TOMODACHI GUIDEにお問い合わせ下さい。

この回答はお役に立ちましたか?Cic005 face smile 1227184ff42e9d672a6892dfe27e91689d05a218573c3489bbe64ccf915a8d0cCic006 face frown 0bc804105f1e0201000835a89c724a7eccb466245fd4fe8f61e5b014ada497ac

関連する質問