なぜ旅でしたいことを伝えるのか?

ENJP

ドラフトプランをゲストが受けとり、お気に入りのガイドやプランがあった場合、より詳細に旅を詰めていくために専用のメッセージスレッド内にて事前相談が始まります。基本的には、旅の質問に回答した内容でゲストの叶えたいことなどはある程度把握できますが、事前相談を進めていく上で、まずは挨拶や簡単な自己紹介などをお互いが済ませましょう。ゲストがいつくるのか、ガイドが空いているのかなど日程に関することや、ゲストが日本のどこに行くのかなどエリアに関する情報交換を行い、問題なく事前相談を進められることがわかった時点で、ゲストが何を求めて日本にやってくるのか、どこに行きたいのか、やりたい体験があるのか、既にやりたいこと・行きたい所は決まっているのか等のゲストが旅でしたいことをガイドに伝えましょう。
ゲストのしたいことをガイドはヒアリングし、ガイドが自分でできる範囲で、ゲストの希望を叶える旅程を作りあげます。この際に、ガイドが実際に行ったことないところやゲストが求めている事が達成できないと感じた場合は、素直にガイドはその旨を伝えてくるでしょう。
Tomodachi Guideでは普段ガイドがしている体験であったり、大好きな体験をゲストに提供するサービスです。ガイドが無理に普段していないことや得意でないことを提供することは少ないです。ゲストに最高の思い出を残してほしいからこそ、ガイドは等身大の自分をゲストに示すでしょう。Tomodachi Guideのガイドはプロのガイドではありません。普段自分たちのしている経験をゲストに感じて欲しいと考えているガイドです。
もし、ゲストがやりたいことが叶わないと判断した場合は、他のガイドに相談してみるのも1つの手段です。色々なガイドとお話をしてみましょう。

この回答はお役に立ちましたか?Cic005 face smile 1227184ff42e9d672a6892dfe27e91689d05a218573c3489bbe64ccf915a8d0cCic006 face frown 0bc804105f1e0201000835a89c724a7eccb466245fd4fe8f61e5b014ada497ac

関連する質問